日本

額田王が分かる7つのトピック 二人の天皇に愛された天才女流歌人

奈良時代、飛鳥京で宮廷歌人として活躍した額田王(ぬかたのおおきみ)について説明しています。 額田王は日本最古の歌集である、『万葉集』を代表する女性歌人です。 最初大海人皇子(天武天皇)に嫁ぎ、のちに天智天皇(大海人皇子の兄)に仕えました。
スポンサーリンク