5月11日はユスティニアヌス1世の誕生日です

5月生まれの偉人

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

ユスティニアヌス1世(483年 – 565年)は、東ローマ帝国ユスティニアヌス王朝の第2代皇帝。後世「大帝」とも呼ばれたように、古代末期における最も重要な人物の一人と言われています。ローマ帝国の版図を広げる「帝国の再建」の画策、ローマ法を統合して書き直した『ローマ法大全』の作成、ハギア・ソフィア大聖堂の建築事業など、後世に功績を残しました。

画像:作者 Meister von San Vitale in Ravenna [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由で