4月23日は河島 英五さんの誕生日です

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

河島 英五(1952年4月23日〜2001年4月16日)は、大阪府東大阪市出身のシンガーソングライターです。
高校時代にバスケット仲間4人とフォークグループのホモサピエンスを結成し、昭和50年、シングル「何かいいことないかな」でレコードデビューしました。アルバム「人類」「運命」を発表して解散した後はソロ活動に入りました。
セカンドシングル「てんびんばかり」のB面である「酒と泪と男と女」が黄桜酒造(黄桜)のCMソングにも起用されて大ヒットとなりました。昭和61年、阿久悠作詞・森田公一作曲のシングル「時代おくれ」を発表して、NHK「紅白歌合戦」に初出場しました。
俳優としてもNHK朝の連続テレビ小説「ぴあの」「ふたりっ子」などの出演歴があります。
平成13年最後のライブを行った2日後に肝臓疾患のため48歳で亡くなりました。飾らない人柄と力強い歌声、楽曲で人々の心を掴み、他の代表曲に「生きてりゃいいさ」「野風増」「地団駄」「晩秋」「元気だしてゆこう」などがあります。
長女の河島あみる、二女の河島亜奈睦、長男の翔馬もそれぞれタレント、ミュージシャンとして活躍されています。


アイキャッチ画像:Amazon.co.jp

参考サイト:

河島 英五(カワシマ エイゴ)とは - コトバンク
新撰 芸能人物事典 明治~平成 - 河島 英五の用語解説 - 職業シンガー・ソングライターグループ名グループ名=河島英五とホモサピエンス生年月日昭和27年 4月23日出生地大阪府 東大阪市学歴花園高卒経歴サラリーマンの長男として生まれる。13歳の時に父がライト工業というプラスチック関係の町工場を...

こちらもどうぞ:

4月生まれの偉人 | すごい人まとめ
「4月生まれの偉人」の記事一覧です。

本文執筆:ゲスト執筆者 via Crowdworks