白河天皇

日本

白河天皇→上皇→法皇が分かる12トピック。100年続く院政時代を築く!

白河天皇は後に上皇となり「院政」を始め、鎌倉時代の武家政権(鎌倉幕府)が始まるまでの約100年間、日本の一時代を築きました。 この100年間も続く時代の基礎を築いた白河天皇は、なぜ院政を始めたのでしょうか。 今上天皇の譲位によって注目される「上皇」というキーワードを含めて解説します。
スポンサーリンク